K.LのB級ライフとアジアのB級グルメ


by saltycaty

タグ:ベジタリアン ( 6 ) タグの人気記事

素食のシーフード

以前、大豆で作ったベジタリアン用のプロテインミートという物を紹介したのですが、
もちろん、肉だけではなく、シーフードもあります。

コチラは素食用のエビ(笑)
c0145615_13294745.jpg
最近、大豆プロテインの取り過ぎで、体質がすこし変わってきたのですが(良くも悪くも)
この海老はスターチ(澱粉)、塩、野菜のシーズニングから作られています。

これを使って韓国チヂミを作ろう~♪

続きはこちら
[PR]
by saltycaty | 2010-05-03 19:20

店の名前は載せません。

ワンウタマ・ショッピングセンターに行ったcatyです。
c0145615_16235980.jpg

オサレな菜食(肉類を使わない)のお店を紹介しようと思って、とあるレストランに入りました。

変な店?と、ベジタリアン料理を見る方はコチラをクリック
[PR]
by saltycaty | 2008-07-17 21:52 | 不思議なもの
「今日はベジタリアン」の時間です。

今日紹介するのはインドの蒸しぱん、イドゥリー(IDLI)です。

豆と米の粉を混ぜて、しばらく置いてすこし発酵させたものを蒸して作ります。
以前から作っている所を見たいと思っていたので、注文してみました。

デジカメの用意をしていると、なんと保温器からイドゥリーを取り出していました。
どうやら朝早くにまとめて作ってしまうようです。がっかり。

c0145615_17593469.jpg

カリーはトセと同じものがつきます。
チリとココナツのチャッニ、ダールカリーです。

蒸しパンのようなので、甘いようにも見えますが、生地を発酵させているため、酸っぱいのです。
c0145615_1833868.jpg

モサモサしてて、朝だと珈琲と一緒じゃないとなかなか喉を通りません。
(caty、朝は食が細いのよ。)
しかも、お腹にたまる。かなりヘビーです。
どっちかというと、朝ごはんだったらトセの方がいいなぁ。

イドゥリー2コ(チャッニとカリー付き)で1ドル60セントでした。


P.S でも、コレ、はまる人は、はまるらしい。
catyの知り合いのイギリス人はコレが大好き。
毎朝買ってきて、仕事場で食べていた。(白人系ベジタリアン)

catyは、はまらなかったけどね。
[PR]
by saltycaty | 2008-01-25 20:15 | 今日はベジタリアン
「今日はベジタリアン」の時間です。

市場の近くでこんなものを見つけました。
ポピアです。マレイシア風生春巻きといったところでしょうか。
c0145615_15132544.jpg

TaipinはK.Lからペナンに行く途中にある町の名前です。

ベトナムの生春巻きは、米の皮(ライスペーパー)を使うのでしょうが、
ポピアは小麦粉を薄く焼いた皮を使います。

まず、皮をひいて、ソースを塗ります。北京ダックについてくるような甘めのタレです。
c0145615_162971.jpg

次に、ネギと豆腐(油揚げ)を細かくしたもの、胡瓜の千切りをのせます。
c0145615_1629531.jpg

最後に、野菜の煮物をのせるのですが、
caty母がよく作っていた、切り干し大根の煮物によく似ています。(味も触感も)

材料を全部のせ終わると、端からクルクルと巻いていきます。
c0145615_15221442.jpg

すべての作業があまりにも手際がよく、スピーディです。

ここの屋台はお持ち帰り専用なのでお家にもって帰っていただきます。
c0145615_16304813.jpg

断面図
c0145615_16313170.jpg

ベトナムの生春巻きとは全然ちがいますね。
すでに、甘辛いソースがぬってあるのでそのままでOK。
柔らかくて、崩れやすいのですが、一口サイズに切ってあるのでパクッといきましょう。

サラダのようにアッサリしていて、
でも、中に入っている豆腐が挽き肉のような触感になって、いい仕事をしてます。
皮の炭水化物と豆腐のたんぱく質、野菜も入って、栄養バランスの良い優れもの。
軽いので、2本全部食べちゃいました。
さすがにお腹いっぱい。

でも、インドのベジタリアン料理に比べて、すぐにお腹が空きそう。←実際すぐ空いた人
朝食やスナックにはいいかな。


P.S ベジタリアンとは関係ないけど、道で見かけました。
c0145615_1023375.jpg

ん?ぞくぞくと人が歩いてくる。
よくみると・・・。
c0145615_1024048.jpg

この近所の学校のマラソン大会でした。
でも、ほとんどみんな歩いてる。(そりゃ~、歩くよね。この暑いのに大変だなぁ)
[PR]
by saltycaty | 2008-01-19 19:25 | 今日はベジタリアン
インド系や中華系の人にはわりとベジタリアンが多いです。
動物性たんぱく質大好きなcatyには、肉や魚が食べられなくなるなんて、
人生の喜びの半分を失う気がします。(すこし大げさ?)

でも、たまにならベジタリアンの雰囲気を味わうのもいいかも、ということで挑戦します。
もちろん、気が向いたときですが・・・。

マレイシアにはベジタリアン用の料理が簡単に食べられるので、紹介していきますね。

こちらのインド系コーヒーショップでトセをいただきました。
Tosai1ドル50セントとネスカフェ(コンデンスミルク少なめ)1ドル50セントで合計3ドルです。
c0145615_1775294.jpg

これはRava・Thosai(ラバ・トセ)といいます。
c0145615_17112426.jpg

普通のトセは豆と米の粉で作られるので、酸味があるのですが、
このラバ・トセはセモリナ粉と小麦粉で作られるので、酸味が少なく、麦の味がします。
カリーリーフと呼ばれる香りのよい葉っぱやニンジンの千切り、スパイスが入っています。

どちらかというと、catyはラバ・トセの方が好みかも・・・(両方美味しいですが)

付け合せのカリーは3種類。
c0145615_17192445.jpg

左上のダール、真ん中のチリ・チャッニ、右上のココナツ・チャッニです。
チリ・チャッニは結構辛いです。catyは香ばしいココナツ・チャッニがいいな。

これも手で食べちゃいましょう。トセをちぎってココナツ・チャッニにDIPします。
c0145615_17215892.jpg

(写真がぶれていますが、右手で物を持って、左手でシャッターを押すのは結構難しい。caty不器用なので、4枚も撮って、この写真が一番まともだったのです。)

少なく思えるかもしれませんか、しっかりお腹もふくれます。
それに、肉がなくてもスパイスやカリーの旨味で満足感が得られます。

満足、満腹です。

leeさんの食べたシンガプーラのラバ・トセはこちらです。


P.S あれっcaty、「肉がないと物足りない」とかって言ってなかったっけ?
ベジタリアン料理でも十分、満ち足りてますぅ♡
[PR]
by saltycaty | 2008-01-08 19:43 | 今日はベジタリアン
好き嫌いなく何でも食べるcatyです。(不味いものは除く)

catyの仕事場の同僚P(インド系)は健康にとても気をつかっている。
お昼にチキンを食べていると、どこからともなく現れて、「チキンは体に良くないよ~。鳥インフルエンザもあるし。私は家でもチキンを料理するのをやめた」とか「たまには肉なしの食事をして胃を休ませなくちゃ」とかいろいろアドバイスしてくる。
最初はありがたく聞いていたのだが、毎回おなじような事を言うので、最近すこしウザイ。

彼女はヒンズー教を信仰しているので週の何日かは菜食になる。
確かにベジタリアンというとヘルシーな感じだが、インド料理の場合、たっぷりの油を使い、豆や米、小麦粉などの炭水化物をどっさり取るのでダイエットにいいかというと、そうでもないようだ。
(じっさい彼女はかなり太っている)

そんな彼女のお昼はほとんど毎日これだ。

c0145615_13411095.jpg


しかも具を何も入れずに作っている。(菜っ葉くらい入れたらぁ?)
いくらvegetarianのインスタント麺でも毎日お昼がコレじゃ体に悪いんじゃなかろうか?

でも「そっちのほうが体に良くないよ」と彼女に言えないcatyでした。
(言ってもNo Problemと言われそうだ)
[PR]
by saltycaty | 2007-11-19 20:24 | 楽しい友人たち